JILLのブログです。マイペースに更新します。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
12:00:00
楽しみにしていたDVD。





ギヴァーの映画化に気づかず、リアルタイムで映画館で観れなかったから…DVDレンタル開始の1月20日を、去年から楽しみにしてきた!!



ゆっくりじっくり観ましたとも。



私自身も原作が好きすぎるから、ネットでみたレビューの賛否をみてどうかなーとも思っていたけど…


一つの映画として、楽しく観れたかな(^^)


"儀式"でジョナスの友達が与えられる仕事が原作とは違っていたり…スリリングな展開やヒロインとのラブロマンスとか…必ず入れなきゃダメだったのかな?っていう複雑な気持ちもありつつ…

近未来のコミュニティ像や、ジョナスに起こる"変化"の描写はとても綺麗で凄く好み。笑

特に記憶の伝達の景色がとてもドラマティックで素敵だったなぁと♪( ´▽`)


個人的には、ギヴァーが語ったローズマリーの回想の部分を最後まで忠実に描いて欲しかった気もする…

けど、映画の"解放の儀式"のシーンはなかなかぞっとするものだったし…ローズマリーの回想を描くと刺激が強すぎちゃうんだろうか…


原作でも衝撃を受けた"解放の儀式"。

その無機質な違和感もしっかり描かれていて…映像だからこそ感じ取れる表現も沢山あった。

無知の残酷さ、真実の尊さ、感情が成す様々な思考…

当たり前の平和に隠された偽りの正義。

後半は色んなことを感じさせる展開になるけど…他者を愛する事から生まれる強さも、きっと教えてくれる作品だと思う。


うん。


原作とは違うストーリーが含まれてはいるものの、結果的にいい映画だってことになった。笑



映画GIVERを観終わったということで、一つのお楽しみが終わった。



次なる楽しみといえば、今年4月にアニメ「ぼのぼの」が放送されることだな。




あ、もちろんライブも楽しみだよ!!


本当に!!






2016/2/3(Wed)
初台DOORS

Super Explosion Vol.15

OPEN 18:00 / START 18:30
前売 ¥2500 / 当日 ¥3000(D代別)

Android Baby / アンドロメダ / スサノヲ / 迫畠彩BAND / AZAZEL

Android Babyは18:30~の出演予定です!!

早い時間です!!

お願い来て!!

\(^o^)/








2016/3/11(Fri)
Parallelism-22- JILL Birth Day!!

渋谷Star Lounge
OPEN 17:30 / START 18:00
前売 ¥2500 / 当日 ¥3000(D代別)

Android Baby / アマオト / Egw Eimi / 百色シネマ /おはる / Splash!







どちらもAndroid Baby全開のステージにすべく頑張ってます。

ぜひぜひ遊びに来てねっ!!
スポンサーサイト
23:08:41
最近ブログもさぼりがちです(。-_-。)

なんだか毎日があっという間に過ぎてしまって、ふと焦る瞬間が…笑



そんな中でもお休みできる1日もあったので、久々にDVDを鑑賞。



映画館に観に行けなかった、マレフィセント♪( ´▽`)






ファンタジー好きな私。


かといって、ディズニーには詳しくなく、原作「眠れる森の美女」にも特別な思い入れもなかったので…笑


なんの問題もなく"マレフィセント"主体のストーリを楽しむことができました♪( ´▽`)



ネットのレビューを見ると様々な意見もありましたが…

アンジー演じる"マレフィセント"の表情がとても素敵だったと思う!


悪を纏うマレフィセントの隠しきれない悲しみ、憎しみ、怒り、絶望、そして愛情。



マレフィセントの涙は本当に綺麗だった。





そんでもって同時に借りたアメイジング・スパイダーマン2。





ピーターの両親の過去とか、オズコープ社の秘密とか、わかりやすい悪役とか面白かったよ(^^)笑


そして思わぬ結末も…(´・_・`)


どうやらアメイジング・スパイダーマン3が数年後に公開されるそうなので、気長にこの後の展開を待つしかなさそうだ。笑




そういえば、アメイジング・スパイダーマン2の結末に納得できなかったという女性が、Yahoo知恵袋に感想を上げて、みんなどう思うか尋ねていたのを見つけた。


そこでのやり取りが個人的にツボだったんでそっと載せておこう。笑

アメイジング・スパイダーマン2を見ました。

ネタバレ含むので自己責任で\(^o^)/


ほんと、同じものでも感じ方は人それぞれなんだね。笑



お家でのんびりおやつを食べながらのDVDもいいけど、たまには映画観でポップコーン食べながらの映画も見たいな。




ちなみに明日はうちのERIKAがSHOW BOXってとこでアニソン歌うの見に行きます。


がんばれエリー\(^o^)/



23:44:47
風立ちぬ



いい映画でした。


飛行機に夢を乗せた堀越二郎の物語は、今この時代で忘れてはいけないモノが描かれているような気がしました。


さすが宮崎駿!っていう、細かい仕草や風景の描写が鮮やかで、表情豊かな登場人物だよなぁ。

ジブリ作品を映画館で見るのはかなり久しぶりだったけど…まじまじと見入ってしまった!


そしてユーミンの歌に泣きそうだった。



余韻に浸りながらの晩御飯が焼き鳥だった事にはツッコまないでください。笑



そんな訳で今日は練習して来た。


新曲に取り掛かっております。


次回のライブでお届け出来るように頑張るよ♪( ´▽`)



最近は雨降ったり、暑かったり、しんどい天気だけど、みんなも身体に気をつけて夏を乗り切って…

9月のライブも一緒に楽しもうね☆
12:27:23
エリカと映画見てきました♪


シルク・ドゥ・ソレイユ

 

 

7つのショーを繋ぐストーリー。
この作品は、ドキュメンタリーではない。
シル ク・ドゥ・ソレイユの中の最高レベルのショーと賞賛されるラスベガスのレジデントショー、“O”“KA”“LOVE”を中心にした7つの世界を 繋ぐ愛の物語。
不思議な異世界に迷い込んだ主人公の女性、エイミー。
彼女は運命の青年を捜し旅立つ…。



とにかく綺麗だった!!

エイミーがサーカスに足を踏み入れ、一人の青年と出会う所から始まるんだけど…

サーカス一番のステージ、空中ブランコの演者だった青年とエイミーはシルク・ドゥ・ソレイユの“世界”に迷いこんで行く。

それぞれ全く別の7つの空間が存在していて、次々に世界が移り変わっていく中でエイミーが青年を探し続ける…
そんなラブストーリー。

3Dでパフォーマンスはもちろん、音楽も映像もとても綺麗で素敵だったな。


個人的な感想だけど…サーカスって、三次元のものを二次元に、二次元のものを三次元に変換することで作り出されるリアルなパラレルの世界だなって思った。

完璧な異空間を隅々まで創り上げていて、ひきこまれ魅入ってしまいました☆


実際に見たら更にスゴいんだろうなぁ…

本場ラスベガスに見に行きたい!笑

そんなこんなで映画館で記念の一枚。



3Dメガネにマスク着用のAndroid Babyです。笑


久々の映画だった♪またいきたいなー☆
22:52:44
DVDのネタだよ♪笑


さくっといきます!!


【アナザープラネット】

51-fI6lWPZL.jpg

SFのはずでした。

地球と全く同じ環境の星が見つかった。
宇宙研究所は通信に成功し、その星には、地球に存在する人達と全く同じ名前、同じ境遇、同じ思考の「もう一人の自分」が存在していることが解る。

そのもうひとつの地球への宇宙旅行に、一般市民が一人選ばれることに…


惑星単位で全てが平行しているなんて!!

とか思って惹かれたけど…期待しすぎたせいなのか…個人的には納得いかないストーリーの展開。


SFの要素が一割位しか感じ取れなかった…

結局許されない相手と関係を結んだ主人公の苦悩がメインに描かれ、昼ドラ感覚で話が終わってしまう。
設定がSFなだけだった…しかも肝心なとこは濁してて…(´;ω;`)


たまにはこんなこともありますよね。


懲りずに次へ。笑


【モールス】

mo-rusu.jpg

“僕のエリ”という映画のハリウッドリメイク。
元ネタを探したけど、なかったのでハリウッド版を。

こっちはホラーになるのかな?

オーウェンの住むアパートのとなりの部屋に越してきた不思議な少女アビー。
幼いながらもアビーに惹かれていくオーウェン。

全ての秘密が明らかになった時、彼は何を信じるのか…


切ない…(´;ω;`)
二人の純粋な思いが切ない。

映像は痛いとことかあるけど…

“僕のエリ”も見たいな…



そして…


【ウィンターズ・ボーン】

20111203221252.jpg

ミズーリ州の山脈にある小さな村。自給自足の貧しいこの村では、薬物の製造をしている。
この村では法律よりも、村の掟の方が強い。

鬱の母親、幼い二人の弟と妹を一人で面倒を見るリーは、保釈中の父親が失踪した事で家を没収されることを知り、父親を探そうとするが…

村の掟に背いたリーの父親を村の人達は煙たがり、リーに協力しないどころか、探すのをやめさせようとする。
ジャンキーな大人達のルールを受け入れざるを得ない中、家族を守るために…傷つく余裕さえなく強くなるしかなかった17歳のリー。

気丈に振る舞う鋭いリーの眼差しが…痛々しい。

そして垣間見える家族の繋がりに涙が(´;ω;`)


描写がリアルな分、一般的には暗い映画かもしれないけど…良い映画だと思う。

高校生とか見たらどう思うのかな…とか考えてみたり…笑



いやー、なんやかんや長々と書いたね。笑


しばらくDVDはお休みしよう。


見てすぐネタにして書けば良いけど…それができずにブログのネタが溜まっていくことに気がついたので…(。-∀-)


では( *・ω・)ノ

プロフィール

JILL

Author:JILL
歌いたいと思う。JILLです。

かっこよく言えば
ex.Android Baby・FAR EAST BLUE

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。