JILLのブログです。マイペースに更新します。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字色の変化のON/OFFが出来ます。文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
02:30:57
e0170687_11512417.jpg


最近読んだ、愛すべきダルシーの物語。


猫派なあなたは読むべし♪


もう数年前に逝ってしまったけれど、あたしの実家にも猫がいたんだ。
あたしが東京に来てから病気になってしまったから、最後の姿が一目も見れなかったのが本当に心残り。

病気で弱ってたときに会いに行ってあげたかった。撫でて抱き上げてせめて、うちに来てくれてありがとうって言いたかった。
今でもふと思い出して愛しく想うのと同時に、知る術もなかった彼女の胸の内が知りたいとも思う。

彼女が幸せだったかどうか。


きっと彼女も、ダルシーのように生きてくれていたんじゃないかと信じて見ようと、この本を読んで勝手に思ってみた。笑




愛すべき猫がいるあなたには読んでいただきたい♪



他にも読んだ本…


魚神-iokami-

uokami.jpg


たまらなくパラレルでミステリアスなお話でありました。笑

昔、政府によってに造られた歓楽の島が物語の舞台。
時代背景は全く読めない…
描かれる島の景色は江戸時代の遊廓そのもの。かと思えば、本土と呼ばれる島の向こうの土地には電気が通っていたり、現代的な景色も見える。
そんな本土からまるで見捨てられた、寂れた一大遊廓の島で生きる二人の美しい姉弟のいびつで透明な、限り無く真っ直ぐな愛情の物語。

好き嫌い分かれそうなお話だけど、あたしはさらーっと読めました。




あとこれ。

かみさまへのてがみ

・ワ・、・ノ2


絵本ね。笑

実際にアメリカで新聞に掲載されていたりしたみたい。
子供たちが神様に向けて書いた手紙をそのまま載せてて、なんだか心がほっこりする。

「dear God
 are you rich or Just famous?」

【かみさま。
 あなたはお金持ち?それともただ有名なだけ?】


子供って純粋。


たまに読むと絵本もいいよね。



今は他にまた読んでるので、読み終わったらまた感想でも書くかな。笑



明日はリハだし、ゆっくりするかなー☆
スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿









トラックバック
トラックバックURL
→http://jillru.blog38.fc2.com/tb.php/92-56dba880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

JILL

Author:JILL
歌いたいと思う。JILLです。

かっこよく言えば
ex.Android Baby・FAR EAST BLUE

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。